洋服がキツく感じたとき

洋服がキツく感じたとき

自分が太ってきたかな、ということは、毎日体重計にでも乗らない限り、あまり気付かないことが多いです。

 

太ると言っても、急激にふとる訳ではありません。徐々に増えていくので、それもまた自分では気付きにくいところなのでしょう。

 

ですが、ふとしたタイミングで自分が太ったことを気付かされるときがあります。それはどのような時なのでしょうか。

 

まず、よくあるタイミングと言えば、洋服を着たときなどです。日本には四季があり、その季節ごとに着る洋服が異なります。

 

夏は暑いので薄着になり、冬は寒いので厚着になります。それぞれ、半年ぶりに去年の洋服を着る事になりますが、そのときに初めて自分が太った事を思い知らされます。

 

よくあるのは、パンツが上がらなかったり、フロントのボタンが締まらなかったり。

 

また、ワンピースの後ろのチャックが締まらなくなってしまったりすることもあります。

 

冬場は身体にフィットした洋服が多いので、とくに気付きやすいかもしれません。

 

対して夏場の洋服は、ラフなどでそこまで洋服を着ることで、キツさを感じる事はないかもしれませんが、逆に身体を露出する事になりますから、それで体型の変化に気付くかもしれません。

 

洋服を購入するときは、その洋服を試着して気に入ったから購入したわけです。

 

それを改めて着てみて、身体に合わなくなっていたり、かろうじて着れたとしても、カッコ良く着こなさせていなければ、それは間違いなく太ったサインです。


 

関連ページ

身体が重いと感じたとき
身体が重いと感じた時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。やはり、あまり運動をしない方が、運動をした時ではないでしょうか?また、駅などの階段を上ったときにも感じたりします。歳をとると体力はどんどん低下しますので、適度な運動をして、体力を常に養っておきましょう。
会食が続いたとき
会食が続いた時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。外食が続くと、やはりカロリーが高めになりますし、健康的にも問題が生じる可能性が高くなります。外食をしても自分で常にカロリーのコントロールをしていく必要があるでしょう。
夏が来たとき
夏が来た時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。夏になると、どんどん薄着になってきますので、太った場合は、敏感に感じやすい時期でもあります。身体は引き締まった方がかっこいいですので、太った方は夏前に戻す必要があります。
他人に指摘されたとき
他人に指摘された時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。太ったかが、一番わかりやすいのが、他人に指摘された時ではないでしょうか?相手は冷静に見ていますので、すぐにわかってしまいます。ショックかもしれませんが、教えてくれた方に感謝してダイエットしましょう。