夏が来たとき

夏が来たとき

自分が太った事に気付くタイミングとしては、やはり夏がきた時なのではないでしょうか。

 

夏が来ると、薄着になります。肌を露出する機会が増えると言う事ですね。

 

冬の間は寒いので、しっかり着込んでいたのであまり体型などは気にしなくても、隠す事ができました。

 

そして、冬は脂肪を溜め込みやすい時期でもあります。こうして冬の間は、身体に脂肪を蓄積させやすい時期になっていくのです。

 

そうして夏がやってきて、徐々に洋服も薄着になっていくと…そこでようやく自分が太ってしまった事に気がつきます。

 

素肌を出す季節になってから気付いては遅いですよね。

 

やはりどんな可愛い洋服でも、身体が締まっていないとカッコ良く、また可愛く着こなす事ができませんよね。

 

むしろ、特におしゃれな洋服ではなくても、身体が引き締まっているだけでおしゃれに見える場合だってあります。

 

そして、夏は洋服だけではありません。むしろ、海やプールのレジャーなどに出かけるとなると、水着を着ることもあるでしょう。

 

水着は洋服どころの騒ぎではありません。ボディラインがしっかり出てしまいます。

 

これは、男性も女性も同じ事です。やはり、身体は引き締まっていた方が格好良いです。

 

一夏の恋、とはよく言うものですが、それもやはり太っていては実現し難いでしょう。

 

ですので、夏がきてから太っているのに気付くというパターンはよく聞きますが、それではやっぱり遅いのです。

 


 

関連ページ

洋服がキツく感じたとき
洋服がキツく感じた時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。太ってきた事にはあまり気づかないことが多いですが、ふとした事で気づくことがあります。それは洋服を着たときなどです。パンツが上がらなかったり、フロントのボタンが締まらなかったりします。ギリギリ着れたとしても、かっこよく着なければ意味がありませんよね。
身体が重いと感じたとき
身体が重いと感じた時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。やはり、あまり運動をしない方が、運動をした時ではないでしょうか?また、駅などの階段を上ったときにも感じたりします。歳をとると体力はどんどん低下しますので、適度な運動をして、体力を常に養っておきましょう。
会食が続いたとき
会食が続いた時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。外食が続くと、やはりカロリーが高めになりますし、健康的にも問題が生じる可能性が高くなります。外食をしても自分で常にカロリーのコントロールをしていく必要があるでしょう。
他人に指摘されたとき
他人に指摘された時、太ったかな?と思うことについて書いていきたいと思います。太ったかが、一番わかりやすいのが、他人に指摘された時ではないでしょうか?相手は冷静に見ていますので、すぐにわかってしまいます。ショックかもしれませんが、教えてくれた方に感謝してダイエットしましょう。