補正下着と痩身エステについて

補正下着と痩身エステについて

ダイエット効果が出るという事で補正下着を着用する方がおりますが、補正下着はダイエット効果というよりは、美しいボディラインを手に入れる事が出来るといえます。

 

補正下着はひと昔前はボディスーツやガードルと呼ばれるワイヤーが多く入っているコルセットのようなものを着用して、身体のラインを整えていくというものです。

 

背中のぜい肉は、元々バストにあるべきものであり、バストの脂肪分が背中に流れ込んでいるといえます。

 

これは胸筋の強さにもよりますが、加齢とともに筋力が弱ってきますので、バストの脂肪を十分に支えきれなくなります。

 

20歳代はバストがしっかりと張っており、ラインも綺麗です。これが40代や50代になると、バストが垂れ下がってきます。

 

なるべくこの状態を防ぐため、補正下着で形状記憶させていきます。

 

着用にも注意が必要であり、ブラジャーや簿できスーツを着用する際は前かがみになって、背中や脇、アンダーバスト部分のぜい肉をバストへ引っ張り込むようにしてから着用します。

 

デメリットは痩身エステ並みに高額である事と、着用の手間がかかる事、サイズに合わないものを選んでしまうと血行が悪くなる事があります。

 

補正下着だけではなく、他のダイエット方法と併用して、初めて効果が出るといえます。

 

体重が減少すると、肌がたるみがちになります。それを防ぐために、補正下着を着用すると、より美しいボディラインを手に入れる事が出来ます。

 

また、痩身エステと併用して補正下着を着用している方も多く、より高い効果は得られますが、かなり高額になります。

 

 


 

関連ページ

痩身エステと美容外科の痩身施術を比較する
痩身エステと美容外科の痩身施術の比較について書いていきます。美容外科の方が、即効性が高いですが、体への負担とリスクを伴うことが多いです。その点、痩身エステは、体や精神面の負担は少ないですが、ある程度時間がかかり、継続していく必要があります。
痩身エステとスポーツジム等のスポーツを比較する
痩身エステとスポーツジム等のスポーツの比較について書いていきます。スポーツジムでは、トレーニングマシンを使って運動することにより、活動量を増やし、脂肪を燃焼させます。スポーツにより、消費カロリーを増やすことが出来ます。痩身エステより安価ですが、ジムに通う根気強さが必要となります。
痩身エステと自己流ダイエットについて
痩身エステと自己流ダイエットの比較について書いていきます。痩身エステは、体に負担も少なく効率の良いダイエットが出来ますが、費用がかかってしまいます。自己流では、費用はかかりませんが、リバウンドなどを起こしやすく、ダイエット自体が失敗する確率が多くなっています。
痩身エステと食事療法について
痩身エステと食事療法の比較について書いていきます。痩身エステは代謝機能を高め、効率よく痩せるように設計されています。一方、食事療法は、摂取カロリーを減らしていきますが、ストレスがたまりやすく、リバウンドしやすいと言えます。
ホームエステ機器と痩身エステを比較する
ホームエステ機器と痩身エステの比較について書いていきます。痩身エステの機器は高い効果が期待でき、トラブルがあった場合も対応してくれますが、費用が高額です。ホーム機器は手軽でエステより安価ですが、威力が弱く効果が出るのに時間がかかる場合が多いです。