運動不足

運動不足

では、そもそもがどうして太ってしまうのでしょうか。太ってしまう原因を、ここでは抑えていきましょう。

 

まず、運動不足であると太ってしまいます。食事は私たちの身体を動かすためのエネルギーとして使用されます。

 

また、私たちの身体を作るための栄養ともなります。

 

そのために食事をとるのですが、それに見合っただけの食事を取らないと、それが肥満の原因となります。

 

食事の摂取量が少ないと、身体に必要な栄養を摂取することができません。

 

栄養不足ですと、身体を正常に働かせる事ができなくなるため、抵抗力が低くなり、風邪を引きやすくなったり、長期にわたるとそれが病気の発端になることもあります。

 

逆に栄養を摂取しすぎると、肥満になります。

 

身体は、今現在に必要以上の栄養を摂取すると、それを蓄えようとします。

 

私たちも、緊急の災害などが起こったときのために、備蓄食料を用意していますが、身体も同じようなことをしているのですね。

 

その過剰なエネルギーは、脂肪と言う形で身体に蓄えられます。

 

ですので、脂肪も身体にとっては大事なものでもあります。

 

ですが、蓄えすぎは健康を損なう原因となってしまうのです。

 

そして、体型も悪くなりますから、審美上にもよいとはいえません。

 

社会人にもなると、やはり自分で気をつけない限りは日常生活だけでは運動不足になりがちです。

 

また、年を取ってくると新陳代謝も悪くなり、更にエネルギー代謝の低下に拍車がかかってしまいます。

 

こうして知らず知らずのうちに、太っていってしまうのです。

 


 

関連ページ

暴飲暴食
暴飲暴食で太ってしまう場合について書いていきたいと思います。暴飲暴食は普通では考えられないような量の食事をとったり、お酒を飲んでしまったりすることです。これはストレスも関係しているようですが、暴飲暴食でストレスを発散すると、肥満という問題も発生してきますので、注意しましょう。
ストレス
ストレスで太ってしまう場合について書いていきたいと思います。ストレスは現代人が必ず持っているといっても過言ではありません。ストレスはいろいろな面で不調をきたしたりしますが、ストレスで太りやすくなることもあります。それは、ストレスを食欲で発散させる場合があるからです。これは知らず知らずのうちに太ってしまいますので、気をつけましょう。
代謝が悪い
代謝が悪くて太ってしまう場合について書いていきたいと思います。代謝が悪くなると、食事から摂取した栄養をスムーズにエネルギーに変えることが出来ません。その分、脂肪にたまってしまうことになります。つまり太りやすい体質になってしまうのです。
加齢による
加齢によって太ってしまう場合について書いていきたいと思います。年齢を重ねていくと、代謝も悪くなりますし、運動量も徐々に減って来ることが多いですので、脂肪がつきやすくなってしまいます。徐々に脂肪がついてきている場合は、その分食事量を制限したりして、対応する必要があります。