エステか美容クリニックどちらがよいのか?

エステか美容クリニックどちらがよいのか?

ここでは、実際にキャビテーションについて上がる質問や疑問について、まとめていきましょう。

 

まず、キャビテーションはエステで行った方がいいのか、それとも美容クリニックで行った方がいいのか、という問題です。

 

実は、キャビテーションはクリニックでも施術を行っているのです。クリニックでも可能となると、やはりキャビテーションの効果には期待が持てそうですね。

 

実は、キャビテーションも脱毛と同様に、医療機器と美容機器の2種類があります。

 

クリニックで使用される医療機器のキャビテーションには、キャビタやエスオペラなどという名前のものがあります。

 

エステで使用される美容機器のキャビテーションでは、キャビフルやキャビリボなどという名前のものが使用されています。

 

やはり脱毛機と同様で、医療機器のキャビテーションの方が効力が高いです。

 

ですが、やはり医療用なだけあって、費用も高めです。

 

効果は多少落ちますが、サロンのキャビテーションの方が、比較的コストも抑えて気軽に利用することが出来ます。

 

また、クリニックとサロンのキャビテーションのコースの違いでいえるのは、サロンの場合ですとキャビテーションの施術だけではなく、マッサージなどと組み合わせているものが多いです。

 

キャビテーションは、それ単体よりもそのあとにマッサージや運動などをすることで効果が高いということはご説明しましたね。

 

ですので、施術直後のことを考えると、サロンではしっかり溶かした脂肪を流してくれるところまでをコースとしている、というメリットがあります。

 

キャビテーションの効能か、それとも全体的なコースの内容か、といったところでクリニックかエステかを選ぶとよいのではないでしょうか。

 


 

関連ページ

キャビテーションの価格設定
キャビテーションの価格設定についてご紹介していきます。だいたいの目安としては、1回の施術で1万円前後だとおもってください。その後のマッサージを加えると2万円くらいになるようです。最近は月額制のサロンも出てきていますので、価格もよく検討してサロンを選びましょう。
キャビテーションをしてはいけない場合は?
キャビテーションをしてはいけない場合は?についてご紹介していきます。妊娠中の女性はキャビテーションは出来ません。また、心臓や肝臓に疾患をもっていたり、糖尿病の方、ボルトなどを体内に埋め込んでいる方は施術できません。気になる方は、契約前にきちんと聞いておくことが重要です。
キャビテーションの副作用などはあるのか?
キャビテーションの副作用などはあるのか?についてご紹介していきます。実際にキャビテーションで副作用のようなトラブルが起こった事はない様です。医療機関でも使われていますので安心です。ただ、少しの倦怠感、下痢、筋肉痛などが起こる場合があるようです。
キャビテーションはリバウンドするのか?
キャビテーションはリバウンドするのか?についてご紹介していきます。キャビテーションは、他のダイエットなどよりは、比較的リバウンドしにくいですが、やはり生活習慣がおざなりであればリバウンドしてしまいます。食生活や適度な運動をすることなどを見直すことも大切です。