キャビテーションの副作用などはあるのか?

キャビテーションの副作用などはあるのか?

では、キャビテーションを受けることで、身体に対する副作用などはあるのでしょうか。

 

そもそもが体内で気泡を出現させてなどと考えると、ちょっと怖い気もしますよね。

 

身体も必要があって脂肪があるわけですから、それを機械的になくしてしまったら、身体も何か副作用的な反応が起こってしまいそうな気もしますよね。

 

また、超音波を当てることで、脂肪だけにアプローチして、それ以外の器官には全く影響がないということなどあるのでしょうか。

 

実際に副作用的なことは起こるのでしょうか?

 

実際、これまでにキャビテーションをして副作用的なトラブルが起こったと言う実例はありません。

 

照射する超音波も、脂肪だけに作用してその他の筋肉や皮膚、血管などには作用しないと言うことも立証済みなので、安心してよいでしょう。

 

また、キャビテーションはエステだけではなく、医療機関でも行っています。

 

ですので、そう考えると安心して施術できますよね。

 

ただし、緊急な副作用がなかったとしても、何かしら身体に反応が起こることもあります。

 

例えば、施術後の倦怠感、下痢、筋肉痛、血中の脂肪値が高くなるなどです。

 

超音波を使用して脂肪を融解していく過程で、肝臓などいつもよりもフル稼働する臓器があります。

 

そういった反応で、身体がだるくなったり、下痢などが起こることがあります。

 

筋肉痛に関しては、超音波でEMSのような反応が起こることもあり、それによるものと考えられます。

 

血中の脂肪値に関しては、施術後の一時的なものと考えられます。

 

いずれも危険な副作用ではないので、安心してよいでしょう。

 


 

関連ページ

エステか美容クリニックどちらがよいのか?
エステか美容クリニックどちらがよいのか?について書いていきたいと思います。キャビテーション機器にも美容機器と医療機器の2種類があります。やはり、医療用のほうが効力は高めですが、エステではその後のマッサージなどもありますので、しっかり脂肪を流してくれるというメリットもあります。
キャビテーションの価格設定
キャビテーションの価格設定についてご紹介していきます。だいたいの目安としては、1回の施術で1万円前後だとおもってください。その後のマッサージを加えると2万円くらいになるようです。最近は月額制のサロンも出てきていますので、価格もよく検討してサロンを選びましょう。
キャビテーションをしてはいけない場合は?
キャビテーションをしてはいけない場合は?についてご紹介していきます。妊娠中の女性はキャビテーションは出来ません。また、心臓や肝臓に疾患をもっていたり、糖尿病の方、ボルトなどを体内に埋め込んでいる方は施術できません。気になる方は、契約前にきちんと聞いておくことが重要です。
キャビテーションはリバウンドするのか?
キャビテーションはリバウンドするのか?についてご紹介していきます。キャビテーションは、他のダイエットなどよりは、比較的リバウンドしにくいですが、やはり生活習慣がおざなりであればリバウンドしてしまいます。食生活や適度な運動をすることなどを見直すことも大切です。