キャビテーションはリバウンドするのか?

キャビテーションはリバウンドするのか?

ダイエットの大敵といえば、リバウンドです。

 

せっかく努力してダイエットしても、その反動で食欲が増してしまったりなどして、結局ダイエットの成果も水の泡…となってしまった経験がある人は、少なくないのではないでしょうか。

 

キャビテーションでの痩身効果はよくわかりましたが、実際にキャビテーションでリバウンドの可能性はあるのでしょうか。

 

身体の脂肪に関して、もともと身体に存在する脂肪の数は決まっています。

 

人によって、痩せていたり太っていたりするのは、生まれつきの脂肪細胞の数がことなるからです。

 

さらに、その脂肪細胞が大きいか小さいかによってもことなります。

 

数は決まっていて変えることが出来ないので、運動などで行うダイエットは、この脂肪細胞を小さくすることに限定しています。

 

ですが、キャビテーションの場合は、この脂肪細胞を消していきますから、他のダイエットではかなうことができない、数から減らしていくことが可能なのです。

 

よって、他のダイエット方法と比較すると、比較的リバウンドしにくいといえるのではないでしょうか。

 

ですが、ダイエットに関して、やはりリバウンドとは切っても切れない関係にあるでしょう。

 

キャビテーションに関しても同じことが言えます。

 

いくらキャビテーションを週に1回通っていたとしても、食生活がおざなりであれば、なんの効果もありません。

 

せっかく痩せやすい体質になっているのですから、適度に運動をしたり、食生活を見直してみるのは大事なことです。

 

そうして、なるべくその生活が当たり前の日常の一部となるようにしましょう。

 

そうすれば、きっとキャビテーションの効果は継続して維持することが出来るでしょう。

 


 

関連ページ

エステか美容クリニックどちらがよいのか?
エステか美容クリニックどちらがよいのか?について書いていきたいと思います。キャビテーション機器にも美容機器と医療機器の2種類があります。やはり、医療用のほうが効力は高めですが、エステではその後のマッサージなどもありますので、しっかり脂肪を流してくれるというメリットもあります。
キャビテーションの価格設定
キャビテーションの価格設定についてご紹介していきます。だいたいの目安としては、1回の施術で1万円前後だとおもってください。その後のマッサージを加えると2万円くらいになるようです。最近は月額制のサロンも出てきていますので、価格もよく検討してサロンを選びましょう。
キャビテーションをしてはいけない場合は?
キャビテーションをしてはいけない場合は?についてご紹介していきます。妊娠中の女性はキャビテーションは出来ません。また、心臓や肝臓に疾患をもっていたり、糖尿病の方、ボルトなどを体内に埋め込んでいる方は施術できません。気になる方は、契約前にきちんと聞いておくことが重要です。
キャビテーションの副作用などはあるのか?
キャビテーションの副作用などはあるのか?についてご紹介していきます。実際にキャビテーションで副作用のようなトラブルが起こった事はない様です。医療機関でも使われていますので安心です。ただ、少しの倦怠感、下痢、筋肉痛などが起こる場合があるようです。